認知症予防 物忘れ予防

認知症予防のための物忘れ予防の方法

認知症予防のための物忘れ予防の方法

物忘れがひどくなったとき、認知症なのではと不安になることもあります。

 

簡単なチェックをしてみましょう。

 

@同じ話を無意識に繰り返す
A知っている人の名前が思い出せない
Bもののしまい場所を忘れる
C漢字を忘れる
D今、しようとしていたことを忘れる
E器具の説明書を読むのを面倒がる
F理由もないのに気がふさぐ
G身だしなみに無関心である
H外出を億劫がる
Iもの(財布など)が見当たらないことを他人のせいにする

 

ほとんどない0点、たまにある1点、頻繁にある2点として採点します。

 

0〜8点の場合は正常です。

 

老化現象としての物忘れです。

 

9〜13点は要注意で、家族に再チェックしてもらったり、少し間隔を置いてチェックしてみましょう。

 

14〜20点は要診断で、認知症の初期症状の可能性もあるので医療機関の受診をお勧めします。

 

ここで物忘れを予防するための具体的な方法を紹介します。

 

@料理をする
Aイメージしてから行動する
B色んな体験をして、様々な感情を味わう
C豆腐や納豆などの大豆食品を食べる
D運動する
E日記をつけるようにする
Fいろんな人と交流する

 

このような方法をうまく取り入れながら、ポジティブに生活することが認知症予防の何よりのポイントになります。

 

 


認知症予防サプリメント 基礎知識 患者と家族 対処法 予防法