認知症予防 生活習慣

認知症予防のための生活習慣改善

認知症予防のための生活習慣改善

認知症予防は食事改善と生活改善で大きく変わるといいます。

 

では具体的にどうやって生活を改善していけばよいのかをみていきます。

 

@有酸素運動をする
有酸素運動をすることで血液の流れを良くします。
ランニングや筋トレが大変な方は普段歩くことをこころがけるだけでも良いです。
歩くときに歩幅をいつもより広げてみる、早足にしてみるという工夫で運動量がアップします。

A人と交流する
他人と交流することが認知症予防には大切です。
人と会話をすること、時には一緒に運動などして身体を動かすことは脳にとってとても良い刺激になります。
会話の内容も、普通の話や昔話などなんでも良いのです。

B学ぶ姿勢を維持する
脳トレという言葉も流行りましたが、要は脳に刺激を与え続けることが重要です。
パズルやクイズなどの脳トレでもかまいませんが、何かを学ぶという行動は脳をとても活性化させます。
趣味の事でも構いません、何かを学んでみましょう。
読む、書くという行動が良い刺激になります。

C禁煙する
喫煙者(喫煙経験者含)が非喫煙者に比べて圧倒的に認知症発症率が高いことが、外国の研究結果として既にあげられています。
煙草のニコチンやタールは体に悪影響を与えます。
また、喫煙は血液の流れを悪くするので、脳への負担も大きいです。

 

生活習慣を少し変えてみるだけで、脳にとって良い環境がつくられます。
是非生活を見直して認知症予防をしましょう。

 

 


認知症予防サプリメント 基礎知識 患者と家族 対処法 予防法