脳 若く 認知症予防

脳を大切にして認知症予防しよう

脳を大切にして認知症予防しよう

脳トレのような認知症の予防が流行っています。

 

脳を休めたり刺激を与えることは脳を活性化するのにとても良いです。

 

日常生活にすぐ取り入れられる方法をいくつか紹介します。

 

@脳を使う

所謂脳トレとも呼ばれるものです。
難しいクイズやパズルを特別する必要はありません。
本を読む、手紙を書く、好きなことを学ぶといったように色んな行動をおこしましょう。

A運動をする

運動をすることで血液の巡りがよくなり、脳にも血液がたくさん送られ、神経細胞のはたらきを促します。
まずは軽い散歩からでも始めてみませんか。

B食生活に気をつける

ほうれん草やキャベツなど、葉酸やビタミンを多く取るように心がけましょう。

C血圧測定を日課にする

高血圧は脳血管性認知症のリスクを高めます。
毎日血圧を測って自己管理しましょう。

Dコレステロールに気をつける

LDL、HDLのどちらも正常値に近づけるようにしましょう。
コレステロールは認知症を引き起こす原因の一つです。

E禁煙する

煙草を吸うと血管が狭まったり血液がどろどろとして流れが悪くなり、結果的に脳にうまく酸素がいきわたらなくなります。

Fお酒はほどほどに

少量では影響はありませんが、過剰に摂取するとやはり血液の流れが悪くなります。
また、認知症につながる疾患を起こす原因にもなります。

G頭を打たない

転んだりして頭を打つと認知症をひきおこすことがあります。

H色んな人と関わる

他者との交流は脳に良い刺激を与えます。
家族だけではなく、友人、趣味のグループなどを通して多くの人と積極的に交流しましょう。

 


認知症予防サプリメント 基礎知識 患者と家族 対処法 予防法