認知症 対処法 昼夜逆転

認知症症状への対応<昼夜逆転>

認知症症状への対応<昼夜逆転>

健康的な人間の場合は昼間活動し、夜間は睡眠をとります。

 

しかし昼間はうとうととし、夜に活動的になるのが一般的な「昼夜逆転」といわれるものです。

 

そもそも、一般的には高齢になると眠りが浅くなるといわれています。

 

認知症の人はそれに加えて、睡眠や体内時計の調節にかかわる神経伝達物質の量が変化することで睡眠障害が起こり、昼夜逆転を起こすといわれています。

 

例えば、夜に突然「○○に行かなくてはいけない」と外出しようとしたり、夜に空腹状態で起きてしまったりすることがあります。

 

介護する側にとっては、昼間だけではなく夜も介護をしなくてはならず、自分の生活リズムも乱れてしまうために相当な負担がかかります。

 

昼夜逆転には色々な原因があります。

そのため、その原因に沿って対処していくことが最も近道だとされます。

 

例えば、体内時計を戻すために日光を浴びることがあげられます。

 

朝と昼は日光を浴びて目を覚まし、夜は暗い部屋で眠りやすくする方法です。

 

他にも、日中の活動量を増やしたり、寝る前にお風呂に入らせるなどがあります。

 

活動量を増やすと当然疲れがでてきますから、夜には眠りやすくなります。

 

散歩や草むしりなど、日中動くというパターンを作りましょう。

お風呂に入ると体温が一時的に上がり、それが下がることで眠りやすくなります。

 

お風呂が難しいときでも暖かい飲み物を飲んだり、足浴をしたりしても良いでしょう。

 

改善しない場合は主治医と相談して睡眠導入薬を用いるのも一つの手です。

 

睡眠導入剤は薬局で安易に買わずに主治医の処方を受けるようにしましょう。

 


認知症予防サプリメント 基礎知識 患者と家族 対処法 予防法