認知症 対処法 徘徊

認知症症状への対応<徘徊>

認知症症状への対応<徘徊>

認知症症状の一つに徘徊があります。

 

知らないうちに徘徊してしまうと、
「事故に合わないか」「帰ってこれないだろうからまた探しに行かなくては」
など心配や不安が生じてしまうでしょう。

 

徘徊にも原因はあり、認知症患者にとって理由は様々といわれています。

 

例えば、いつも同じ場所で迷っている患者の場合、「○○に行こうと思って…」と以前から通いなれているはずの道で迷うことがあります。

 

道路工事などで周囲の状況が変わると、そのことを認識できずに迷ってしまうのです。

 

認知症患者の行動は無意味なものではありません。

その人にとってはなにか行動、外に出なければならない理由があるのです。

 

決して「勝手に出かけたら心配するでしょ!」「いつもの道なのになんで覚えていないの?」など、責めたり大きな声で怒らないようにしましょう。

 

「今度から一緒に行こうね」「もう遅いから明日にしよう」
など、声かけをして患者の不安や欲求を満たすようにします。

 

徘徊予防には、玄関を出たところにブザーを設置したり、昼間のうちに時間を決めて一緒に外に出ることも有効です。

 

一緒に散歩に出かけたり、その際に本人が行きたい場所に連れて行くことで患者は満足し、精神的な安定も得られます。

 

あまりにも徘徊がひどい場合には、患者が迷ったときでも対処できるようにしておきます。

 

患者の衣服に氏名と連絡先を書いた布を縫い付けるなどして緊急時に身元がわかるようにしておきます。

 

また、あらかじめ交番や以前よく立ち寄っていた施設の人間、行きそうな施設の人間などに状況を伝えておきます。

 

ご近所にも伝えておくと安心でしょう。

 

認知症の徘徊は家族だけではなかなか止め切れないことも多く、周りの人々の協力が不可欠になることも多いのです。

 

 


認知症予防サプリメント 基礎知識 患者と家族 対処法 予防法