認知症 対処法 妄想

認知症症状の対応<妄想>

認知症症状の対応<妄想>

「お金が盗まれた」「大切なものがない、お前が盗ったんだろう!」
というような認知症患者の怒りの言葉をよく聞きます。

 

介護している人や家族にとっては、盗人扱いされることは傷つくことも当然で、思わず
「盗ってない!」「どうせどこかに忘れたんだろう!」
と怒りで返してしまうことも仕方のないことです。

 

しかし、それはあまり良い方法とは言えないでしょう。

相手は記憶障害をもった病気の持ち主であり、自分が正しいことを伝えても無意味です。

 

むしろ否定することで、逆上して怒る認知症患者も少なくありません。

 

こういった場合は、まず自分の心を落ち着けます。


盗人扱いは嫌な事ですが、「患者が一番困っているんだ」と一呼吸おいて対応しましょう。

 

「私はそんなことしたような覚えはありませんが」と遠回しに否定をしたうえで、
「それは困りましたね。」と共感し、「落ち着いて考えてみましょう」と興味を逸らしたり、
「では一緒に探しましょう」と行動を起こします。

 

 

失くしたといっているものが無い場合や、困難な場合は代替品を渡すことも効果的です。

 

認知症患者の場合は「自分でしまっておきながらしまった場所を忘れる」ことも多く、探すのも困難な場合があるのです。

 

しかし、しまう場所もパターンがあるときもあり、何度も一緒に探すうちに隠し場所の見当がつきやすくなるときもあります。

 

ちょっとした工夫をしながら、負担を減らして介護をしていきましょう。

 

 


認知症予防サプリメント 基礎知識 患者と家族 対処法 予防法