認知症症状 対処

認知症症状への対処法

TBS「夢の扉」で取り上げられ大反響!

 

認知対策!高純度「プラズマローゲン」

 

認知症症状への対処法記事一覧

認知症患者との接し方

認知症患者との関わり方家族が認知症になると、本人だけではなく家族及びその周囲の人々にも不安や困惑が襲うことになります。認知症の方々の行動を2つに分類し、それぞれの対処法の基本について説明します。認知症患者によくある行動の1つ目として事実の取り違いがあります。例えば、食事をとっていないといったり、家族...

≫続きを読む

認知症の対処法=物忘れ=

認知症症状への対応<物忘れ>認知症になるとまず記銘(覚える力)が衰退し、その後は数分前の出来事すら忘れてしまうほどに進行します。いくつか例と対処法を紹介したいと思います。@家族の顔を忘れる認知症が進むと家族の顔も認識できないことが多いです。妻と呼んだり、知らない女だと騒ぐこともあります。その時々で患...

≫続きを読む

認知症の対処法=幻覚=

認知症症状への対応<幻覚>認知症が進行すると認知機能の低下によって情報を間違って処理することで幻覚が現れることがあります。例えば虫や人などそこにないものがみえることがあります。また、人がささやく声がしたり電車の音が聞こえたり、幻聴のようなものが現れるときもあります。こういった症状は認知症患者の不安が...

≫続きを読む

認知症の対処法=妄想=

認知症症状の対応<妄想>「お金が盗まれた」「大切なものがない、お前が盗ったんだろう!」というような認知症患者の怒りの言葉をよく聞きます。介護している人や家族にとっては、盗人扱いされることは傷つくことも当然で、思わず「盗ってない!」「どうせどこかに忘れたんだろう!」と怒りで返してしまうことも仕方のない...

≫続きを読む

認知症の対処法=徘徊=

認知症症状への対応<徘徊>認知症症状の一つに徘徊があります。知らないうちに徘徊してしまうと、「事故に合わないか」「帰ってこれないだろうからまた探しに行かなくては」など心配や不安が生じてしまうでしょう。徘徊にも原因はあり、認知症患者にとって理由は様々といわれています。例えば、いつも同じ場所で迷っている...

≫続きを読む

認知症の対処法=性的問題=

認知症症状への対応<性的問題>高齢者や認知症でも性的欲求は生まれます。女性では稀ですが特に男性に多いとされています。パートナーに執拗に性行為を求めたり、パートナーとの区別がつかず娘などに性行為を強要したり性器をみせてくるときもあります。家族に性的行動の異常があると、身内のショックは大きいです。そもそ...

≫続きを読む

認知症の対処法=同じ事を繰り返す=

認知症症状への対応<常同行動>認知症の特徴的な症状の一つに「常同行動」があります。簡単に言うと同じことを何度も繰り替えすというものです。いくつか例をあげてみます。@同じコースを繰り返し歩く毎日決まった道で散歩する行動の事です。天気や状況にも関わらず、同じ道を通り、同じ店で同じものを買うというように決...

≫続きを読む

認知症の対処法=昼夜逆転=

認知症症状への対応<昼夜逆転>健康的な人間の場合は昼間活動し、夜間は睡眠をとります。しかし昼間はうとうととし、夜に活動的になるのが一般的な「昼夜逆転」といわれるものです。そもそも、一般的には高齢になると眠りが浅くなるといわれています。認知症の人はそれに加えて、睡眠や体内時計の調節にかかわる神経伝達物...

≫続きを読む

認知症のケアマニュアル

よくある認知症症状と一般的なケア認知症の方には様々な症状が現れます。実際に使われているケアの方法を一部紹介したいと思います。@記憶障害最近の出来事だけではなく、どんどん昔へ遡るかのように新しい記憶から忘れてしまうことが多いです。そのため、昔の話や、認知症の人の子供の時代に流行った手遊びや歌遊びなどを...

≫続きを読む


認知症予防サプリメント 基礎知識 患者と家族 対処法 予防法