認知症 進度

認知症の進み方

認知症の進み方

認知症の症状の進行は型や個々にも寄りますが、
基本的に初期・中期・末期の3つの期に分類されます。

 

ここでは、アルツハイマー型と脳血管性の2つの進行をみてみましょう。

 

@アルツハイマー型

初期では主に記憶障害がでますが、まだ生活上に大きな問題は現れません。

名前や生年月日、場所を忘れてしまうようになります。
中期では記憶障害以外の症状が現れて、生活が難しくなります。
主に妄想、幻覚、失語、徘徊などがあります。
末期では症状が深刻化し、完全介護になります。
性格が変わったり、歩行障害嚥下障害が現れてきます。

 

A脳血管性

初期では意欲や自発性の低下がみられるものの、できることとできないことがはっきりしています。

中期では、記憶障害が悪化していきますが、状況の判断力や理解力はまだ保たれています。
末期になると正常な部分と認知症の部分が混ざってしまいます。

 

 

アルツハイマーは脳の記憶を司る部分からゆっくり周りの脳へ広がるようにして進行していきます。

 

脳血管性は発症した部位によって症状が変わり、個々でも症状に違いがみられます。

 

またアルツハイマーはゆっくり進行するのに対し、脳血管性は脳梗塞などが発症するたびに段階的に悪化していくため、アルツハイマーと比較すると急激に悪化するようにみえます。

 


認知症予防サプリメント 基礎知識 患者と家族 対処法 予防法