若年性認知症

若年性認知症について

若年性認知症について

認知症は高齢者だけの病気ではなく、若者にも発症します。

 

65歳未満で発症する認知症を若年性認知症といいます。

 

原因は高齢者のものと同じく、様々ではありますが、生活習慣の乱れなどによる血管性認知症の割合が高いといわれています。

 

若年性の認知症の場合は、高齢者と違い体力があったり、年齢も平均51歳と若かったりするために、更年期障害など別の診断がくだることがあり、認知症と診断されるのが遅れる場合もあります。

 

また、高齢者のものとくらべて、認知症の進行がとても早いです。

 

症状としては、やはり認知機能の低下があらわれます。

 

若年性の場合は、働き盛りの人も多いことから職場でのミスが目立つようになったり、車が運転できなくなったり、性格が大きく変わってしまったりすることが症状として判断材料になるところとされます。

若年性認知症は血管性のものが多いことから、生活習慣の改善が治療の大きなポイントになります。

 

食生活を改善し、十分な休息をとり、ストレスを減らします。

 

また、カウンセリングを受けたり、音楽療法などの様々な療法を一緒に探していくと良いでしょう。

 

ただ、高齢者の認知症と同じく治療法がない場合もあります。

 

しかし、早期受診早期診断によって進行を遅らせることは可能であるため、おかしいと気づいたらすぐに医療機関を受診することをお勧めします。

 


認知症予防サプリメント 基礎知識 患者と家族 対処法 予防法