脳血管性認知症 知識

脳血管性認知症について知る

脳血管性認知症について知る

認知症の中で2番目に多いとされるのが脳血管性認知症です。

 

これは、脳梗塞や脳出血などによって脳の血管が詰まったり破れることで脳の神経に障害をきたして発症するものです。

 

アルツハイマー型と異なる点として、脳血管性は脳の神経障害の部位によって現れる症状が違うというものがあります。

 

そのため、アルツハイマー型の様に全ての能力が徐々に衰退していくのではなく、判断力など一部正常に残ることもあります。

 

また、脳血管性の場合は脳血管障害の発生と共に急に認知症が現れ、ゆっくりとした進行ではなく段階的に悪化していくといわれています。

 

 

言い換えると
段階的に悪化しやすくはありますが、
1度の脳血管障害のみで軽度にとどまることもあります。


進行すると記憶障害は軽度に済んだとしても、歩けなくなったり、食べ物がうまくのみこめない、熱い冷たいがよくわからないという障害を伴うことも多いです。

 

治療法としては、薬物療法がありますが、物忘れを軽くしたり、認知症そのものを完治させる治療法は未だにありません。

 

薬物で進行を遅れさせることはできますが、一度発症すると完治は難しいということを認識しておく必要があります。

 

しかし、脳血管性の場合は予防をすることが可能です。

そのため、脳血管障害の原因やリスクファクターとなる高血圧や糖尿病を適切に治療していくことで脳血管性の認知症を発症させないように予防することができます。

 

また、現在脳血管性認知症にかかっている人も歩行障害などの症状に関して、このように原因を改善させることで、進行をとめることが可能になります。

 


認知症予防サプリメント 基礎知識 患者と家族 対処法 予防法