認知症予防 サプリメント

認知症とは

認知症について

認知症は一概にひどい物忘れとはいえず、多様な側面を持っています。

 

もの忘れは認知症の基本の症状ですが、ただの物忘れとは区別する必要があります。

 

認知症の場合は昔の経験のような大切なことまで忘れてしまいます。

 

認知症の中でも1番多いのがアルツハイマー型認知症です。

 

アルツハイマー病が原因とするものをアルツハイマー型としています。

 

アルツハイマー病は65歳未満でも起こりますが、アルツハイマー型は65歳以上で発症します。

 

後者が世間一般での認知症のイメージとして大きいでしょう。

 

アルツハイマー型は様々な原因が複合し、神経細胞の機能が低下していくことで脳の委縮が起こることで発症するとされています。

 

いつのまにか発病しゆっくり進行するのが特徴です。

 

2番目に多いのは脳血管性認知症といわれています。

これは脳梗塞などの脳血管障害が原因とされています。

 

脳血管性認知症では脳の障害の部位によっては認知症の他にも麻痺などの障害を起こすことがあります。

 

他にも、認知症にはレビー小体型、前頭側頭型など多くの種類に分類されています。

 

また、脳腫瘍や脳炎などの原因によって分類されることもあります。

 

いずれも程度は違えども進行性の病気であるとされています。

しかし、早くからの治療や薬物投与によって進行を遅らせたり、
現在の状態を維持することができます。

 

 

認知症かもしれないと思い始めたら
まずは医療機関への受診をお勧めします。


 

 

 

 

 


認知症予防サプリメント 基礎知識 患者と家族 対処法 予防法